C96新刊『スケベマスター総集編』&『三蔵ちゃんの乳を犯しまくる本』POP

画像クリックで大きなサイズ
C96にて頒布した新刊のPOP兼お品書きです。
うらさざんのお届けするFGO同人4、5冊目ですね。
そう。今回は初の新刊2冊。その分POP作成は少々苦労しました。
現地では卓上にA3サイズで印刷して、スタンドで吊るしています。
「A3用紙に1冊の魅力を詰め込む」という考え方で作ってましたが
今回は2冊だったので今まで通りでは双方の魅力が半減します。
そもそもエロ本とギャグ本で2冊なので、食い合わせも悪い。

「どんな紙面にするのか」アイデアが浮かばず、一晩悩みました。
んで、ふと思いついたというか、思い出した事がありました。
それは遡ること年末。C95にて告知用にお品書きを作成したのです。
この画像ですね→(クリックで画像表示)
これはさざん氏によるカラーリングとフォントの調整版となります。
今までは、現地でのインパクト重視で見どころのコマを散りばめて
絵面だけで勝負するという、極めて原始的なデザインばかりでした。
当初は「目立てばいいや」くらいの気持ちでPOPを作っていましたが
僕も経験を積んで、幾分成長したんでしょうかね。
それだけじゃ駄目だと思えるようになりました。
見やすさ、インパクト、情報量のバランスを考えて
今回はこんな感じのPOPにしてみました。
出来上がったPOPを送るとまさかの一発OK。
逆に不安にもなりましたがそれだけ成長したということで
都合よく喜んでおくことにしました。

毎度POPを作っては卓上に掲示していますが
どのくらい効果があるのかは今ひとつわかっていません。
ですが、今回はPOPをじっくりと見てくれる人が多くて
作った人間としては嬉しかったです。

反省点としては「既刊もあります!」って文言が上に来すぎて
ギャグ本が既刊みたいな感じの表示になったことですかね。








↓委託販売情報
<エッチな方>


<ギャグの方>

C95新刊『親子なかよく』POP

画像クリックで大きなサイズ
うらさざんのお届けするFGO同人3冊目POPです。
今回の本も大変良い出来でして、サンプル画像だけでもPOPに使えるコマが殆どでしたので、良い意味で苦労したPOP作りでした。
さざん氏による手入れも発生せず、自分の成長を実感した一枚です。
今までよりコマを大きめに配置しており、これが結構インパクト強くなって良いなと思いました。
C94の反省から、さざん氏は執筆、告知、準備にしっかりと時間を使えるようにスケジュールの調整をしてくれました。
僕もプロット段階の打ち合わせを綿密に行い、お互いがしっかりと納得の行く作品を作るための下地作りに尽力いたしました。
作っている間も出来た後も。何もかもが上手く行ったわけではありませんでした。
まだまだ足りない物だってありましたし、予想外の出来事にどうしていいかわからなくもなりました。
ですが結果として、当日は沢山の方々に来ていただき、お手にとってもらえるという最高の結果となりました。
この場を借りて、改めてお礼を言わせてください。
本当にありがとうございました。




↓委託販売情報

C94新刊『チクワをお食べよ沖田ちゃん。』POP

画像クリックで大きなサイズ
うらさざんの発行するFGO同人誌二冊目のPOPです。
おそらくさざん氏の2018年1番のお気に入りキャラ、沖田オルタの本です。
POP作成もリテイク少なめで、さざん氏による仕上げもラインパターンの変更だけと、C93の面目躍如ができたPOPです。
ですが色々とお互いに課題が浮き彫りになってしまい、個人的には因縁の一冊となっています。
中身は非常に良い本です。さざん氏の考える沖田オルタの魅力がこれでもかと詰まっています。
どちらかといえば完成に至るまでの連携不足が目立ち、足並みをそろえた準備が出来なかったことに悔いが残っているわけです。
さざん氏は商業の仕事が軌道に乗りはじめ、僕自身も個人的な活動に注力しすぎた感じです。
思えばあの時はお互いの活動が妙に気に食わなくて、すれ違いを誘発させてしまっていたような気がします。
多分あれは喧嘩だったんでしょう。大人の喧嘩ってこんな感じなんだなぁ。
色々と反省点が浮き彫りになった回でした。今は仲直りしてお互いを尊重した良い関係に戻っています。
繰り返しになりますが、本自体は本当に良い一冊です! 興味がありましたら是非お手にとってくださると、あのときの僕たちが報われます。




↓委託販売情報

C93新刊『からくりと母』POP

画像クリックで大きなサイズ
ジャンルをFGOに移してはじめてのPOPです。
C92は諸事情で新刊の発行に至ることができませんでしたので
さざん氏、ハルジオン共にえげつないくらい気合が入っておりました。
コマの切り抜きや大まかな素材の配置はハルジオンがやりましたが、ここではじめて仕上げはさざん氏が行いました。
多少画像編集のスキルは身についてきたとはいえ、やはり本業は違うなあと思わされました。
「仕上げはこっちでやるよ」と言われた時は「さざんの仕事増やしちゃった・・・」なんて自己嫌悪に陥りましたが(笑)
ていうかこうして見比べると完成度が全然違いますね。
ちなみに他のPOPの不自然な空欄は、付箋に値段を書いて貼り付ける欄だったりします。
予約開始してからイベント当日を待たず予約分が完売したり、メロン・とら両方でランキング入りするなど、本当に嬉しい事があった思い出深い一冊です。
当時お求めいただいた皆様。本当にありがとうございました。

ちなみに諸事情で発行できなかったC92新刊の漫画はしっかりと描き上げてPixivで無料公開しております(これもFGOです)。
これもまた、本当に色々なターニングポイントともなった作品です。よろしければ御覧ください。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65636258




↓委託販売情報

C91新刊『アリーザとアリシアにスタン君が搾り取られる本』POP

画像クリックで大きなサイズ
前回にある程度の手応えを感じたので作ったPOPです。
既刊が複数冊になってきたので配置に少し困った記憶があります。
この本、見どころがとても多くて切り抜くコマの選定に難儀しました。
未だにドゥルジの「俺を巻き込むな」ってシーン大好きなんです。
C90が終わった辺りから同人での戦い方みたいなのを意識しだしました。
ここで書くのもアレですが、ハルジオンの関わる比率が大きくなって来たのもこの辺りからだったと思います。
色んな意味でターニングポイントとなった1冊です。
↓委託販売情報

C90新刊『こむぎ色のダヌアちゃん』POP

画像クリックで大きなサイズ
初めて作ったPOPです。
ポスター以外でも何か目立てるものは無いかと考えた末の産物です。
告知画像を流用して、サンプルを切り抜いて作ったのがこれです。
ハルジオンの画像加工技術は当時と比べれば多少上がってると思います。
だから今見ると稚拙ですね。まあ、それも思い出です。
※おかげさまですべて完売いたしました。本当にありがとうございました。
[閉じる]